Google連絡先に「インポート」は「文字化け知らず」

Google連絡先に「インポート」は「文字化け知らず」で超便利
au携帯電話の連絡先を、直接、スマートフォン(スマホ)にインポートすると、文字化けしてしまい読めません。
PCの「Gmail」を起動して、「Google連絡先」に移動し、左下「以前のバージョンに戻す」で、左側に「連絡先をインポート」ボタンが表示されます。
携帯電話からエクスポートしたファイルを指定すると、問題なく、インポートできました。
同時に、クラウドにバックアップもされたことになるので、安心です。

Gmail ジーメールをチャット形式で送受信、本文引用も自動でカットでき便利「Hop」アプリ

Gmail ジーメールをチャット形式で送受信、本文引用も自動でカットでき便利「Hop」アプリ

2017年11月、アップデートされ、非常に使いやすくなりました。

「App Store」「Playストア」で「hop」で検索し、「Hop – Fast & Powerful Email」を入手・インストールします。
初回起動時は「英語で質問してきます」が、完了後は、日本語ですからご安心ください。「設定」も、日本語で変更できます。

「初回起動時の手順」画面で順にタップします。
Let’s go
Everything
Hook it up
アカウント選択画面 [Google]
自分のgmail をタップ
許可
氏名欄に[漢字で姓名入力]して[レ]
Done
People
Yes
Hop in

[受信トレイ画面]になりますので、左上の人影アイコンをタップで、[hop画面]になり「設定」項目も表示されます。
<タップで、元画面に戻ります。
会話の整理方法は「友だち別」
テキストサイズ サイズ違いの●をタップ
詳細設定 「返信モード」OFFで、返信時の本文引用が削除されます。
<タップで、元画面に戻ります。
[hop画面]では、左上の[hop]をタップすると、通常の[受信トレイ画面]に戻ります。

新規メール作成は、右下の鉛筆アイコンから

スマートフォン/スマホに、連絡先のインポートで文字化け

スマートフォンに連絡先のインポートで文字化け
携帯電話/ガラケーからスマートフォンへ連絡先を引っ越した時、文字化けする場合があります

携帯電話とスマートフォンで使用されている文字コードの違いが原因です。
自分は、au携帯からの移行で、数回発生。

◆文字化けの直し方

文字化けを直すには、携帯電話からバックアップした連絡先データの文字コードを変更する必要があります。

文字コードを変更するには、テキストエディタ「Jota Text Editor」を使います。スマートフォンにGoogle Playからインストールします。

インストールが終わったスマートフォンにmicroSDを入れた状態で「Jota Text Editor」を起動します。

Jota Text Editorの「右上三点」から「ファイル→開く」を操作
「ファイルを開く」画面で
(左上) ・・ を2回タッチ
sdcard1/
PRIVATE/
AU/
BU/
B_AD/
AD_0000.VCF を、順にタッチ
連絡先データが、読み込まれたら、
右上三点
ファイル右→名前をつけて保存
文字コードのところを「元ファイルに従う」から「UTF-8」に変更、OK
保存確認 上書きしますか? OK
で、文字コードの変更が完了。

連絡先から、再度、電話帳データをインポートすると文字化けが直っているはず。

◆文字化け連絡先を、まとめて削除方法
右下 三点 → 削除、全てボタンが表示されます。

メモ帳アプリなら「Simplenote」無料で広告無し

メモ帳アプリなら「Simplenote」がお勧め。
Android・iPhone・Windows PC どれでも、メモの保存・共有ができて、無料ながら煩わしい広告も出ませんので、とてもお勧め。
キーワード検索もできるので、情報が多くなっても、大丈夫。

  • iPhoneを使用なら、標準アプリ「メモ」でも良いです。Windows PCとも、iCloudを使用して、メモ内容の保存・共有ができます。
  • キャリア契約のスマホで、標準インストールされている「メモ」は、キャリアを変更・解約すると、使えなくなる可能性が有りますので、お勧めできません。

格安SIMも「10分以内話し放題」は当たり前

端末機器を自由に選べて、3GB高速通信量1,000円、通話契約600円に、850円程度を追加すると、「10分以内話し放題」となります。

自分もdocomoスマホ(iPhone)を解約して、この契約で格安SIMを使っています。